2017年08月29日

「皇室とボンボニエール」を観に皇居東御苑へ

皇居 大手門.jpg
今日は皇居東御苑内の宮内庁三の丸尚蔵館へ、「皇室とボンボニエール」を観に行ってまいりました。
旧江戸城の正門であった「大手門」から皇居内に入ります。

鯱.jpg
「大手門」を入るとすぐに大きな鯱があります。
戦災で消失した旧大手門渡櫓の屋根に飾られていた鯱です。

三の丸尚蔵館.jpg
三の丸尚蔵館で開催中のボンボニエール展。
ボンボニエールとは、フランス語でボンボン(砂糖菓子)を入れる小箱のこと。
日本の皇室でいつ頃から用いられはじめたかは、明らかではありませんが明治27年の明治天皇大婚25年の饗宴の際には用いられており、以後天皇の即位、立太子、あるいはお子様方の誕生、着袴、成年式、結婚式などの御慶事の際に記念の品として、制作されたものです。
いかにも日本らしい、伝統的な瑞祥文様などを施した美しい菓子入れです。

棗型ボンボニエール 昭和天皇ご在位50年記念祝典 昭和51年11月10日.jpg
棗型

犬張子形 昭和9年(1934)2月23日 皇太子(天皇陛下)御誕生御内宴 銀製.jpg
犬張子形

角鳥籠型 大正〜昭和初期(1910〜30年代).jpg
角鳥籠型

亀甲形 松飾付 .jpg
亀甲形 松飾付

鼓形若松星文  .jpg
鼓形若松星文

posted by ツルカメ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

涼しげな「モジャハウス」!?

mozya.jpg
自宅の近所にある「モンジャハウス」。
手前にあったお蕎麦屋さんが、閉店して更地になったため初めてその全貌を見ることができました。

蔦にからまったロボットにも見えます。
今日のようなモーレツな暑さの日には、建物の中は涼しいのでしょうか?

調べたところ、通常の家より「3度」くらい室温は低くなり、空調エネルギーを軽減することができ、
省エネ効果はあるそうです。
しかし葉っぱの裏などによく付いている「アブラムシ」が大量発生するとか、サッシのゴムの隙間を突き破って
ツタが室内に侵入するとか、デメリットもかなりあるようです。

ところで、この建物の1階はジャズのライブハウスの看板が出ているのですが、30年間いちどもオープンしているところを見たことがありません・・・・・・・。



posted by ツルカメ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

セミの幼虫は何と呼ぶ・・・・・・

semi-01.jpg
孫が昨日、セミの幼虫を捕まえてきました。


虫かごの中に入れると、チョコチョコと元気に動き回っております。

しかしセミの幼虫が動いているところって、滅多に見ませんよネ。
私もこれで動いているセミの幼虫を見るのは3回目になります。

ところでセミの幼虫って何て呼ぶのでしょうか・・・・・
毎年セミの抜け殻は、イヤッというほど目にするのに、その名前は
あまり耳にしませんネ。

・・・・・とアレコレ考えていると、元気だった幼虫の動きが止まってジッとしだしたので
庭のアジサイの根元にソッと置いておきました。

semi-03.jpg
翌朝、見に行くと抜け殻の後に羽化したと思われるセミが止まっておりました。

あのまま虫かごに入れていたら、羽化する様子が見れたかも・・・・・・?







posted by ツルカメ at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする