2009年09月23日

エレクトリック・バイオリンが奏でる透明感あふれるサウンド!

JAN.jpg
日本ではなぜか今いち知名度のない、ジャズ・バイオリストの奇才ジャン・ルック ポンティの1978年発売の『コズミック・メッセンジャー」です。エレクトリック・バイオリンが奏でるその透明感あふれるリズミカルで流麗なサウンドが、とても心地よいです。どちらかというとプログレっぽいサウンドですが、目を閉じて聴いていると宇宙の彼方へトリップしているようです。


posted by ツルカメ at 01:23| Comment(0) | レコード鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。