2010年01月26日

芸は競い!競うは華!

かぶく者.jpg
夜の新宿でストリート歌舞伎を演ずる駆け出しの役者「市坂新九朗」を主人公にした現代の傾き者を描く歌舞伎漫画です。そしてこの主人公が、あの徳川幕府最大のスキャンダルといわれる「絵島生島事件」での歌舞伎役者、生島新五郎の子孫という設定がまたなかなか面白いのです。伝統を重んじ家の芸を完璧に演じ、受け継ぎ、そして後世に伝える梨園の世界で、天才の血を引き継ぐ新九郎の孤軍奮闘の戦いが始まります。物語の中では、歌舞伎の演目でも有名な「勧進帳」や「籠釣瓶」「連獅子」などのお芝居も登場。そして5,6巻では梨園の陰謀うずめくなか「東海道四谷怪談」の伊右衛門役に抜擢された新九郎。ア〜今後の展開が楽しみです。歌舞伎好きな方も、歌舞伎に興味のない方にも楽しんで読める漫画ですヨ。


posted by ツルカメ at 02:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。