2010年09月02日

架線鉄柱&JRの送電線

架線1.jpg

架線2.jpg
今回は架線鉄柱とJR東日本の鉄塔でございます。架線(かせん)とは、正式名称を架空電車線(かくうでんしゃせん)と呼ぶそうで、何かといえば線路の上部に張られ、電車等の集電装置と接触しながら電力を供給している電線のことだとか。その電線を張るための鉄柱が架線鉄柱でございます。送電線の鉄塔ほどインパクトはありませんが、コの字型の鉄柱もなかなか美しい造形です。上の写真は東急田園都市線の宮崎台と宮前平の間にある「市ケ尾線 9」の鉄柱です。ここは電車マニアの「撮鉄」の方々がいつもいらっしゃる撮影ポイント。今回私も「撮鉄」の仲間入りをして、鉄柱の下を走る電車を撮りたくてズ〜〜〜ッと電車がくるのを待っておりました。下の写真はJR東日本の送電線の鉄塔です。JR専用の発電所や送電線があるとは、知りませんでした。なにせ鉄塔の美しさに目覚めてまだ日が浅いもので・・・。


posted by ツルカメ at 22:52| Comment(0) | ぶらり鉄塔散歩! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。