2010年11月30日

龍馬伝も終わってシマッタ・・・。

龍馬伝.jpg
「ニッポンの夜明けゼョ〜!」と叫びながら大政奉還を成し遂げた「龍馬伝」の福山龍馬も終わってしまいました。
しかし、この幕末時代には、なんでこのような多くの英傑が綺羅星のごとく表れたのでしょうネ。そして幕末から新政府樹立に至るまでの日本人のバイタリティーの凄さ。西欧諸国からは「サルまね」と馬鹿にされながらも、たった数十年で貪欲に政治、経済、文化までをも西洋化にしてしまったのだから。世界的にみてもこれだけ変わり身の早い民族はいないのではないでしょうか。たしかに当時の中国の様に、列強の食い物にされたなくはないという強い意識はあったのでしょうが。アジア諸国からみても、当時の日本の変わり様は異常だったでしょう。
まァ、しかし龍馬が今の日本を見たら「これじゃ〜いかんゼョ〜!」と嘆き悲しむでしょうネ!


posted by ツルカメ at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。