2011年09月10日

孤高のギタリスト、我が道を行く・・・。

JeffBeck.jpg
「世の中にギタリストは2種類しかいない、ジェフ・ベックとそれ以外だ!」とポール・ロジャースに言わしめた、孤高のギタリスト、ジェフ・ベックの「ブロウ・バイ・ブロウ」。1975年に発売されたこのアルバムは、ジミー・ペイジが「ギタリストのための教科書だ!」と絶賛した、ギター・インスト・アルバムの最高傑作といっても過言ではないでしょう。ロック・ジャズ・フュージョン等のジャンルを超越した、ジェフ・ベック絶頂期のサウンドがここに凝縮されています。ギターが囁き、叫び、歌い、そして泣きます・・・・。ギターを抱えた修行僧、いや苦行僧ともいえるジェフ・ベックが到達したひとつの頂点でもあるでしょう。エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと共に三大ギタリストといわれながら、二人のような派手な成功は収めていないものの、いまだに精力的にコンサート活動やアルバム制作に打ち込む姿には脱帽です。天才にして孤高のギタリスト、ギター道を見極めんがために明日も一人、ゴーイング マイウェイ 我が道を行く・・・!


posted by ツルカメ at 22:24| Comment(0) | レコード鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。