2012年05月15日

道具に求められる美しさとは・・・・?

マウス1.jpg
日々の生活の中で一番使う道具は何だろうと考えたら、PCのマウスかなと思いました。24時間中、寝る、食べる、トイレ、風呂以外はほとんどこのマウスをいじくっているワケだし。
別にマウスのコレクターではないのですが、手になじむマウスが見つからずどんどん増えてしまいました。
たしかにMacはPC本体も洒落ているし、マウスのデザインもカッコいいですが、使い勝手がイマイチ。手にしっくりとこないんですネ・・・。 グラフィックソフトではマウスでの操作によるベジェ曲線を多様するので、鉛筆や箸を使うように、何の違和感も無くマウスを動かせないとイライラするばかり。昔パソコンなんかなかったころ、サムネイルを描くときは決まったペンじゃないと調子がでないのと同じです。
ここ5〜6年愛用しているマウスは写真中央のサンワサプライのマウスですが、この微妙につけられたカーブが手にフィットして相性抜群です。Macのマウスは机の上に置いとく分にはお洒落でカッコいいですが、道具とは使い込んでナンボのモン。使いやすさを追求した中から生まれた機能美が、本当の道具の美しさなんだろうナ!個人的な意見ではございますが・・・・・。

マウス2.jpg
話はかわりますが、このタチコマ型マウスというのはどうだろう? もちろんAIを搭載してもらって、夜中一人で仕事しているときなんか話相手になったりして、イライラしたときはマニュピレータのガトリング銃やランチャーを発射したりして・・・。 でもそれって道具じゃなくてオモチャだよナ!


posted by ツルカメ at 23:23| Comment(0) | 愛しの道具達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。