2013年03月09日

タランティーノ版マカロニ・ウエスタン「ジャンゴ」最高!!

ジャンゴ.jpg
今日はクエンティン・タランティーノ監督の『ジャンゴ 繋がれざる者』を観てまいりました。
まさにタランティーノ、「残虐シーン満載」のイタリア西部劇と「血飛沫ドパー」のB級バイオレンス映画を見事に融合。マカロニ・ウエスタンの父セルジオ・レオーネを彷彿させる最高のマカロニ西部活劇です!
主役のジェイミー・フォックスもかっこ良いし、なんといっても冷血非道な悪役のレオナルド・ディカプリオが最高です。またタランティーノらしく音楽の選曲も抜群! 彼が愛してやまないセルジオ・コルブッチ 監督の「続・荒野の用心棒」のテーマソング「さすらいのジャンゴ」をそのままオープニング曲にもってくるなんぞ、往年のマカロニ・ウエスタンファンにはこたえられない選曲でございます。おまけに「続・荒野の用心棒」ジャンゴ役のフランコ・ネロも登場するなんぞニクイ演出に涙です。
2時間40分と長い映画でしたが、最高に楽しめた1本でした。


posted by ツルカメ at 22:39| Comment(0) | 映画のお話・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。