2013年08月30日

楽園の瑕 終極版を鑑賞

楽園の瑕1.jpg
佛典有云
旗未動
風也未吹
是人的心自己在動


仏典曰く 旗なびかず
風いまだ吹かず 揺らぐは人の心なり


大好きな冒頭のこの言葉で始まるウォン・カーウァイ の「楽園の瑕 終極版」を先日やっと鑑賞。個人的にはウォン・カーウァイ作品のなかではベスト1の映画なので期待感もありまりましたが、結果的にはちょっと残念! 
確かに画像はオリジナルに比べると劇的に鮮明で、クリストファー・ドイルのカメラワークの素晴らしさをあらためて実感。しかし構成的にはレスリー・チャンの場面を増やし、トニー・レオンの剣戟場面が短く整理したり、時間経過がわかるよう「二十四節気」をテロップで入れ込んだりとしていますが、それがかえって説明的になりすぎオリジナルのもつ良さが半減。極め付けはフランキー・チェンによるあのBGMの名曲が、全てヨー・ヨー・マのチェロ演奏に置き換えられてしまったこと・・・・・。
「楽園の瑕」はドイルの美しい映像、フランキー・チャンの切ない音楽、そしてウォン・カーウァイの見事な演出。この3拍子が揃ってないとダメですネ。
確かにいろんな映画のディレクターズ・カット版などを観ても、たいていはオリジナル版の方がイイし。
終極版の映像にフランキー・チャンのオリジナルBGMをつけて再編集していただけたらグッドなのですがネ。

楽園の瑕2.jpg
今な亡きレスリー・チャン。いいですね〜。

楽園の瑕3.jpg

盲目の剣士を演ずるトニー・レオン。若いですネ〜。

楽園の瑕4.jpg
そしてなんといってもマギー.チャンのこの儚げな美しが素敵です!



posted by ツルカメ at 22:46| Comment(0) | 映画のお話・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。