2013年11月13日

なぜ富士山は見る場所で大きさが変わるのでしょう・・・・?

富士山.jpg
今日は快晴で1日中、富士山が良く見えました。いつもは自宅前から撮影していましたが、今日は自宅から4〜5分歩いた場所に富士山の絶景ビューポイントを発見したのでそちらで撮影することに。
ここから見た富士山は、なぜか自宅前から見た富士山より距離的には遠いのに大きく見えます。
スカイツリーや東京タワーもそうですが、見る場所によって大きさが違って見えますよネ。

もちろん対象物の大きさが変化するわけは無いので、目の錯覚だというこは理解できますが・・・・。
背景の空の色や、周りの建造物との対比によっても見た目の大きさが変わるのでしょう。

今日は真っ白に雪化粧した山頂と、空のコントラストで大きく見えるのかもしれません。
今度、定規を持って腕を伸ばした状態で、色んな場所で計測したらいいのかも・・・!!


posted by ツルカメ at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。