2013年11月20日

「エデンの園」で翻弄される男たち・・・・・・。

エデン.jpg
先日、TOKYO MX CINEMAで放送の“おなかが空く映画特集”の「厨房で逢いましょう」を鑑賞。
2007年に公開されたドイツ/スイス製作の映画で、原題は「Eden(エデン)」。天真爛漫なヒロインの名前であるが、監督自身は「エデンの園」をイメージしたのだろう・・・・。 邦題の「厨房で逢いましょう」ではオブラートで包まれたような感じで、この映画のイメージにちょとそぐわないかも。

南ドイツの保養地で小さなレストランを営む、口べたで、ハゲで太ったシェフのグレゴア。しかし彼は「官能料理」ことエロチック・キュイジーヌの天才シェフ。そんな彼がビアガーデンで働く主婦エデンに出逢う。

そしてエデンは一口、グレゴアの料理を食べたたけで、彼の「官能料理」の虜になってしまい、娘を連れて毎日のように厨房に訪れます。
やがて天真爛漫に振る舞うエデンに、シェフのグレゴアもエデンの夫も翻弄されていくハメに・・・・。
「エデンの園」で人生が狂わされていく2人のアダム。
男にとって「エデンの園」は危険な場所なのかも。

ハリウッド映画にはない、一味も二味も違った面白い映画です。
「チョコ・ソース・コーラのケーキ」がすご〜く美味しそうでした!!


posted by ツルカメ at 16:18| Comment(0) | 映画のお話・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。