2014年02月19日

江戸時代の3Dペーパークラフト「立版古(たてばんこ)」

髑髏1.jpg
奇想の浮世絵師 歌川国芳の「相馬の古内裏(そうまのふるだいり)」立版古。

髑髏2.jpg
江戸東京博物館の売店で購入!

髑髏3.jpg
けっこう面倒くさソ〜〜!

髑髏4.jpg
完成までに3時間かかってしまいました。
先日、両国の江戸東京博物館で開催中の「大浮世絵展」を観た帰りに売店で購入した、歌川国芳の「相馬の古内裏)」の立版古。
江戸時代後期から明治期にかけて流行ったおもちゃ絵の一種で、絵柄の印刷された一枚の紙からたくさんのパーツを切り抜き、設計図にそって組み立てる現代版3Dペーパークラフト。
作るのはちょっと面倒くさいですが、なかなかよくできています。

この「相馬の古内裏」は平将門の娘、滝夜叉姫の復讐劇を描いた3枚続きの大判錦絵です。亡父の遺志を継ぐため古内裏(古屋敷)で妖術使いとなった滝夜叉姫を退治すべく単身乗り込んだ大宅太郎光圀(おおやたろうみつくに)の格闘シーンを描いた歌川国芳の傑作の一つ。 滝夜叉姫の妖術で現れたでっかい骸骨は、西洋の医学書にも精通していた国芳ならではのリアルの描写です。
これがまた立体的となると迫力満点でございます。

髑髏5.jpg
コレクションの巨大ガイコツに完成した立版古を持たせてみました・・・・。


posted by ツルカメ at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。