2014年02月26日

雛祭りには「くぢら餅」

くぢら餅.jpg
もうすぐ雛祭りですネ。 雛祭りといったら「くぢら餅」。
「くぢら餅」といっても鯨の肉は入っておりません。
山形県新庄市・最上地方の御菓子で、もち米とうるち米の粉を水で練り、箱の中でのばし、胡桃・砂糖水を加えて、せいろで蒸したものだそうです。味噌味、醤油味、餡入りなどのバリエーションがあります。
もともとは雛祭りの桃の節句に食べられていたそうで、「久しく持ちの良い食べ物」から「久持良餅(くぢらもち)」という名前になったという説もあります。
「ようかん」とも「ういろう」とも違った独特の食感と味は、一度食べたら病み付きになります。
ちなみに私のお気に入りは胡桃入の味噌味バージョンでございます!



posted by ツルカメ at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。