2014年05月13日

映画史に残る最恐クリチャー「エイリアン」の産みの親、ギーガー氏死去。

ギーガー.jpg
映画「エイリアン」で一躍有名になった、スイスのシュールレアリズム画家H.R.ギーガーさんが死去。階段から転落し搬送された病院で息を引き取ったとそうだ。74歳。残念ですね。
ギーガーといえば、ダークな夢魔的なエロチシズムとメタリックが融合した独特な世界観を創造した作家。
怪奇作家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品に登場する、架空の魔道書「ネクロノミコン」を奇才ギーガーが描いた作品集「ネクロノームIV」に描かれた未曾有の宇宙生命体が怪物「エイリアン」となってスクリーンで暴れ回るのです。
H.R.ギーガーさんを偲びつつ。


posted by ツルカメ at 22:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。