2014年07月05日

瑞獣 海駝が睨みをきかせる世田谷の善養寺

善養寺1.jpg
東京世田谷の多摩川のほとりにある善養寺。。正式の名称を「影光山仏性院大毘廬遮那殿善養密寺(ようこうさんぶっしょういんだいびるしゃなでんぜんようみつじ)」。
赤い橋を渡り石段を上ると、狛犬のような一対の坐像がこちらを睨んでおります。これは日本ではめずらしい瑞獣(ずいじゅう)の「海駝(かいだ)」という霊獣だそうで、頭は牛、胴は獅子、足は駱駝で鱗に身を包んだ姿をしており、水を持って火を制し、燃え盛る参詣者の煩悩(ぼんのう)の炎を、この場所で消し去るべく、聖なる火を身体にまといながら、鎮座しているそうです。

善養寺2.jpg

善養寺3.jpg

善養寺4.jpg
本堂は奈良唐招提寺金堂を模した造りになっています。

善養寺5.jpg
本堂の前にある色鮮やかな大日如来坐像。本堂内には秘仏の不動明王立像と制多迦童子、矜羯羅童子などが祀られております。

善養寺6.jpg
樹齢800年といわれるカヤの大木の裏には、なぜか「多摩川の精 カッパのたま坊」と「多摩川の精 亀のたま妃」の像が・・・・・・??

善養寺7.jpg
そして踊るガメーシャ・・・・・・??

善養寺8.jpg
大陸文化的な武人像・・・・・・!?

善養寺9.jpg
そしてここ善養寺は玉川八十八ヶ所霊場32番札所となります。

善養寺10.jpg
御朱印をいただいてまいりました。
準西国稲毛三十三所 観音霊場巡の続きは12年後なので、それまで玉川八十八ヶ所霊場巡をすることに!
とても立派なお寺でしたが、異国文化の香り漂うチョッピリ不思議な空間でございました。


posted by ツルカメ at 22:48| Comment(0) | 玉川八十八ヶ所霊場巡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。