2015年06月19日

今日は太宰治の誕生日、「桜桃忌」

晩年1.jpg
今日は、作家 太宰治の誕生日。そして1948年のこの日、6月13日に玉川上水で入水心中した太宰の遺体が発見された日。

太宰といえば先日、古本屋で購入した「ビブリア古書堂の事件手帖」を詠み終えたばかり。 第四話は太宰治の『晩年』にまつわるお話です。太宰の処女作品集なのになぜタイトルが「晩年」なのか・・・・・。それは自殺を前提に遺書のつもりで書き綴ったからだそうです。
本書の中に、主人公の栞子(しおりこ)さんの愛蔵している、「晩年」の太宰本人のサイン入り初版本が登場します。そして彼女はこの初版本に3百50万円の値札を付けて店頭に飾るのですが・・・・・・・。
表紙絵とライトノベルということで読むのを躊躇していましたが、なかなか面白かったです。古書好きにはたまりませんネ!

はずかしながら太宰の作品は「走れメロス」とこの「晩年」しか読んだことがありません。
「晩年」の初版本の復刻版は5、000円くらいから手に入るので、さっそく買ってまた読んでみたくなりました。





posted by ツルカメ at 22:23| Comment(0) | 本のはなし・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。