2015年10月14日

怖〜〜い顔したトーマス!?

鉄道.jpg
浮世絵:八百齋有相 画 「外ヶ嶋鉄道館内蒸気車之図」

今日10月14日は「鉄道の日」。
1872年(明治5年)9月12日(新暦10月14日)、新橋駅(後の汐留貨物駅)から横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)を結んだ日本初の鉄道が開業した日です。
いろいろ調べていたら、上の変な浮世絵を発見!
画題は「外ヶ嶋鉄道館内蒸気車之図(そとがしまてつどうかんないじょうきしゃのず)」。
「外ヶ嶋」とは国の辺境を指す代名詞であり、平安時代から「喜界が嶋(鬼界ヶ島)と外ヶ嶋(外が浜)」という歌枕として多くの歌に詠まれています。
そして作者名が、「八百齋有相」。「嘘八百」とは笑っちゃいます。
まア、文明開化時代、日本の辺境では蒸気機関車なんぞ、火を吹きながら石炭を喰う、鉄の塊の化け物のような物だったのかもしれません。
現代ではレールの上を磁力で浮いて走る、まるで「空飛ぶ絨毯」のようなものですから・・・・・。





posted by ツルカメ at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。