2016年02月01日

地球に落ちて来た男

地球1.jpg

地球2.jpg
1976年に公開されたイギリス制作のSF映画「地球に落ちて来た男」を久々に視聴。
主演はデヴィッド・ボウイ。
ニコラス・ローグの退廃的で耽美な映像美に、ボウイの神秘的な容姿が見事に融合した、ボウイだからこそ撮れたSFカルトムービーの名作です。
生まれ故郷の母星を救うため、地球へ一人でやってきたエイリアン。やがて地球という醜悪で混沌の世界な中で、彼の精神はゆるやかに崩壊してゆきます・・・・・・。
地球に落ちてきたエイリアンの悲哀と、哀しき運命。
それはまさにデヴィッド。ボウイ自身を描いたような映画です。

先月の1月10日。彼はやっと故郷の星へ旅たつことができたのでしょう・・・・・・・。



posted by ツルカメ at 21:53| Comment(0) | 映画のお話・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。