2016年02月15日

今日は、食中毒でお亡くなりになった釈迦の涅槃会。

nehan.jpg
今日は、食中毒でお亡くなりになった釈迦の涅槃会。
お釈迦様が入滅した日でございます。
実際のところ、釈迦が入滅した日は定かではないようですが、ヴァイシャーカ月の満月の日
となっているようです。インド暦では第2の月であることから、中国で2月15日と定めたものが、
そのまま日本に伝わったようです。

ちなみに、お釈迦様の死因は「食中毒」!
ある日、釈迦は熱心な信者であるチュンダという鍛冶屋の家に食事に招かれました。
そこで出された「スーカラ・マッダヴァ〈きのこ料理もしくは肉料理〉」という食べ物を食べ、それが食中毒を
引き起こしたとされています。
釈迦はその料理を一口食べて、「これは他の者に出さず土に埋めなさい」とチュンダに言いました。
腐っていたのがわかったのでしょう。しかし釈迦は、チュンダが心をこめて作ったその料理を全部食べて
しまいます。
貧しい生活ながら、自分のために作った料理を、釈迦は残すことができなかったのでしょう。
そして、あまった料理は捨てさせ、自分だけが死ねば本望だと考えたのでしょう・・・・・・・。
自分の死を覚悟した釈迦は、弟子に「くれぐれもチュンダが自分を責めたり、他人から非難されたり
しないように配慮してほしい」と言い残し、死んでゆくのです。

聖人でありながらも、人間味あふれた静かな死に方でございます。



posted by ツルカメ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。