2016年04月30日

山陰の銘菓「因幡の白うさぎ」

うさぎ.jpg
山陰のお土産に、銘菓「因幡の白うさぎ」をいただきました。
赤い目をした可愛い兎のお菓子です。
初めて食べましたが、「ひよこ」のお菓子より美味し〜〜いかも!

白うさぎ2.jpg
浮世絵:葛飾北斎画 「大国主命と因幡の白兎と鰐」

因幡の白兎といったら、昔国語の教科書にも載っていましたが、日本神話や古事記に登場するお話ですネ。
鰐(サメ)をだまして、島から抜け出そうとして失敗し、鰐に皮を剥がされた白兎。
その白兎を可哀想に思い、助けてあげる大国主命(おおくにぬしのみこと)。

白兎にとっては、「人を騙すと自分に返ってくる」という教訓。
大国主命にとっては「良い行ないは自分に返ってくる」という教訓でございます。

ちなみに日本では〈サメ〉のことを〈ワニ〉と昔は呼んでいたそうです。
「因幡の白兎」の絵本などに描かれている挿絵の多くは、〈サメ〉ですが、北斎の描いた絵にはリアルな鰐が描かれています。なかなか興味深い絵ですネ!




posted by ツルカメ at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。