2016年05月22日

愛せらるるは薔薇の花・・・・・・

bara.jpg
薔薇の花が見頃になってきました。
家の近所を散歩していると、庭先にきれいに手入れされた薔薇の花を見かけます。

愛せらるるは薔薇の花
愛することは薔薇の刺

花はあまりに散り易し
刺はあまりに身に痛し


堀口大学の「なげき」と題された詩です。

愛される方は、香り良い花の芳香につつまれたような気分だが、
愛する方は、失恋した時の刺の痛さを覚悟しなければならない・・・・。

しかし愛された方も、相手の愛がいつか冷めてしまうのではないかと心配でならない。
そして失恋したときの刺の痛さはあまりにも身に痛し・・・・・。

恋愛とは愛する方も、愛される方も「なげき」の種を生むものだと言うことでしょう。




posted by ツルカメ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。