2016年05月29日

動物園で人気者だった像が死んだ時・・・・・・

ぞう.jpg

今月の26日、69年の天寿を全うしたゾウの「はな子」。
死因は解剖の結果、呼吸不全だったとか。
高齢のため自力で立つことができなくなり、両方の肺が体重で圧迫されたことが死因のようです。

はな子の遺体は、研究のため上野の国立科学博物館に寄贈されたそうです。
動物園などの大型動物が死んだ場合、まず最初に解剖され死亡原因等を究明。そして稀少動物並びに特に縁が深かった動物に関しては「剥製保存」または「骨格保存」の措置が施されるそうです。
「はな子」はどおなるのでしょうか・・・・・。

昔読んだ「世界の日本人ジョーク集」という本のなかに、こんな日本へのジョークがありました。

動物園で人気者だった像が死んだ時、

フランス人:像の思い出を詩にしたため涙した。
中国人:巧みに料理して食べた。
日本人:一生懸命、額に汗しながら像を埋める為の墓を掘った。


律儀な日本人へのジョークですネ。
ちなみに大型動物は、かわいそうですが解体され火葬にされるそうです。

フランス人のように「はな子」の死を悼み、彼女のために詩を詠んであげたいものです。





posted by ツルカメ at 16:25| Comment(0) | 本のはなし・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。