2015年03月17日

春爛漫のポカポカ日和!

カワズ2.jpg

カワズ1.jpg
今日はTシャツで過ごせそうなポカポカ日和!
近くの小学校に植えられている「河津桜」も見頃を迎えております。

ボケ2.jpg

ボケ1.jpg
公園の「ボケ」もそろそろ一斉に花を咲かせそうです。
でもまた来週は「寒の戻り」で寒くなるとか・・・・・・。



posted by ツルカメ at 16:01| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

失意の順徳天皇が名付けた「都忘れ」の花

都忘れ.jpg
花屋で見かけた、紫色をした可憐な「都忘れ」の花。
この「都忘れ」という寂しげな名前は、鎌倉時代に「承久の乱」にて倒幕計画に失敗した第84代天皇「順徳天皇」が名付けたものだとか・・・・・。

戦に破れた順徳天皇は佐渡へ流刑となってしまいます。その荒れ果てた流刑地の庭で、紫色をした野菊を見つけ
「紫といえば京の都を代表する美しい色だったが、私はもうすべてをあきらめている。
花よ、いつまでも私のそばで咲いていておくれ。都での出来事が忘れられるかもしれない。
お前の名を今日から都忘れ と呼ぶことにしよう」
 
と言ったとか言わないとか・・・・・・まァ、諸説あるようですが。

順徳天皇といったら百人一首の100番目の歌にある
百敷や ふるき軒端の しのぶにも
なほあまりある 昔なりけり

の歌が知られております。
「宮中の古びた軒から下がっている忍ぶ草を見ていても、偲んでも偲びつくせないほど思い慕われてくるのは、古きよき時代のことよ。」
 
佐渡に流刑になった順徳天皇は21年後、流刑地の佐渡で崩御します。流刑地では還京の望みもなく、これ以上の存命は無益として、断食を行ったそうです。
よほど無念であったのでしょう。
紫色をした可憐な「都忘れ」の花には、そんな順徳天皇の想いがこもっております。


posted by ツルカメ at 17:02| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

山田富士公園の紅梅、白梅。

梅5.jpg

梅2.jpg

梅3.jpg

梅4.jpg
今日は曇りながら、暖かな1日。山田富士公園の紅梅、白梅も咲き出しました。
「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」 ー拾遺和歌集ー
菅原道真が京の都を去る時に詠んだ歌。
春になって東風が吹いたなら、その風に託して配所の大宰府(だざいふ)へ香りを送ってくれ、梅の花よ。主人のこの私がいないからといって、咲く春を忘れないでくれよ。
道真の無念が伝わる歌ですネ。


posted by ツルカメ at 22:28| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

タコさんウィンナーのような姫柘榴(ひめざくろ)

ひめ1.jpg

ひめ2.jpg
昨日の『ボロ市」で購入した姫柘榴(ひめざくろ)。まるで赤いタコさんウィンナーですネ。
お天気になったら、ミニ盆栽仕立てにしようと思います。



posted by ツルカメ at 22:13| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

可憐なボケの花

ボケ1.jpg

ボケ2.jpg

ボケ3.jpg
山田富士公園の脇の道端に咲いているボケの花。先週は赤いボケの花が4〜5輪咲いていただけなのに、今日は薄桃色の可憐な花がたくさん咲いていました。
さすがに我が家のボケ盆栽は、まだ蕾もありませんが、自然の野ボケの生命力の強さを感じます。
posted by ツルカメ at 22:23| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

バジルの水耕栽培

バジル1.jpg

バジル3.jpg
8月にベランダで栽培しているバジルでバジルソースを作った際に、摘み取ったバジルを挿し芽にして窓際で水耕栽培にチャレンジ中!
2カ月ほどたちますが、根っ子も元気に成長しているもようです。容器は100均で購入したクルマ用の灰皿ですが、これがなかなかグッド! 2週間に一度、水に解かした微粉ハイボネックスを与えております。
素朴な疑問なのですが、成長したものをまた挿し芽にして増やしていったら、半永久的に栽培できるんですかネ・・・・・・!?
posted by ツルカメ at 16:18| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

炎天の 地上花あり 百日紅

さるすべり1.jpg

さるすべり2.jpg

さるすべり3.jpg

さるすべり4.jpg
炎天の 地上花あり 百日紅
ー高浜 虚子ー
関東地方は今日も猛烈な残暑!!
まさに虚子が詠んだ俳句のように、照りつける太陽の下では、百日紅(さるすべり)が可憐な紅色の花を咲かせております。
幹がツルツルで猿も滑って登れないことから「猿滑」とも書かれるそうですが、実はスルスルと簡単に登ってしまうそうです。
中国原産の百日紅。約100日間も紅色の花を、次から次へと咲かせるので付けられた名前ですが、秋までまだまだ楽しめそうです。

散れば咲き 散れば咲きして 百日紅
ー加賀千代女ー
posted by ツルカメ at 16:29| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

ボケ(木瓜)の実です!

ボケの実1.jpg

ボケの実2.jpg

ボケの実3.jpg
散歩コースの山田富士公園の道路脇にあるクサボケ。そろそろ実がなっている頃かと思い道路脇を覗きこむと、ボケの実がいっぱい!! 20〜30個ほどいただいてきちゃいました。
よく洗ってから水気をきり、輪切りにしてジャムにしてもよし、ホワイトリカーに漬け込めば美味しいボケ酒の出来上がりです!!
種を植えて実生で育ててみるのも面白いかも・・・・・花を楽しむまでには4〜5年かかるようですが。
posted by ツルカメ at 14:42| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

歩く姿は百合の花

スカシユリ1.jpg

スカシユリ2.jpg
庭のスカシユリ(透百合)が咲き出しました。
美しい女性の褒め言葉に「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というのがあります。
芍薬(しゃくやく)のように風情があり、牡丹(ぼたん)のように華麗で、百合(ゆり)のように清楚という意味ですが、この場合の百合は花が白くうなだれれているテッポウユリのことでしょうネ。
庭のスカシユリは日向を好み、花も上を向いて咲く色鮮やかな美しい花です。
花被片の付け根付近がやや細く、隙間が見えることから「透かし」百合という和名がついたそうです。

スカシユリのような女性も美しいですが、ちょっと顔をうなだれて憂いのあるテッポウユリのような清楚な女性の方に惹かれますが・・・・・・。
posted by ツルカメ at 22:13| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

桃栗三年、柿八年・・・・・・・梅はすいすい十六年!

梅1.jpg

梅2.jpg

梅3.jpg

梅4.jpg
今日は昨日の春の陽気から一転して真冬の寒さに。公園の梅も満開まではもうちょっと。
紅梅、白梅にピンクの桃梅(?)の可憐な花が寒さの中、雨に打たれながら健気に咲いています。桜とは違い、静かながら凛としたその美しさは、郷愁を誘うものがあります。

桃栗三年、柿八年、柚の馬鹿野郎十八年、
梅はすいすい十六年

種を植えてから実が収穫できるまでを唄にした童歌。柚は18年もかかるんですネ。
雨の中、梅の花を見ながら「う〜ん、人間辛抱だ!」と感慨にふけった1日でございます。

野ボケ.jpg
道路脇の野ボケもまだまだ蕾のほうが多いです。
posted by ツルカメ at 22:07| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

雪中に咲く雪割草と雪小町

雪割草.jpg
雪割草

雪小町.jpg
ボケ盆栽 雪小町
今日は明け方から一日中の大雪。東京でも13年ぶりに大雪警報が発令されたとか。
庭も一面の銀世界! 雪割草もボケ盆栽の雪小町も鉢ごとスッポリ雪に覆われ、まるで雪に覆われた大地からニョッキと顔を出しているようです。
posted by ツルカメ at 17:18| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

♩梅〜は咲い〜たか 桜〜はまだかいな♬

梅1.jpg

梅2.jpg
山田富士公園の梅
今日は天気予報で、桜が咲く3月くらいのポカポカ陽気になるといっていたので孫と公園へでかけたが、薄曇りでお日様も顔を出さず、うすら寒い一日でした。
でもいつもの山田富士公園に着くと、梅の樹には大きな蕾がいっぱいふくらんで、花も咲いていました。
自然界はもう春なのですネ!

梅は咲いたか 桜はまだかいな 柳なよなよ風次第
      山吹ゃ浮気で 色ばっかり しょんがいな〜
梅にしようか 桜にしよかいな 色も緑の松ヶ枝に
      梅と桜を 咲かせたい しょんがいな〜

有名な江戸端唄の一節を想い出します。この唄のように、松の枝に梅と桜を咲かせたらさぞや見事でしょうネ。
まァ、この唄の真意はもっと艶っぽく、綺麗な芸妓をいっぱいはべらせたいという通俗的なものかも知れませんが・・・・・。

梅が香を 桜の花に匂わせて
柳の枝に 咲かせてしがな

こちらは後拾遺和歌集に中原致時(なかはらむねとき)が詠んだ和歌です。
「梅のよい香りを美しい桜の花に匂わせて、しなやかな柳の枝に咲かせたいものだ。」
想像するだけでも美しい光景が頭に浮かびます。
posted by ツルカメ at 22:24| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

木瓜咲くや漱石拙を守るべく

クサボケ.jpg
早朝散歩の途中、公園で見つけた草木瓜(クサボケ)の花。咲いていたのはこの一枝だけですが、淡い赤色の花がそこだけ緊張感ある空間を生み出しています。

■木瓜(ボケ)咲くや漱石(そうせき)拙(せつ)を守るべく
夏目漱石の「ボケ」を詠んだ句です。漱石は「草枕」の中で「ボケ」の花をこう評しています。
「(ボケ)は面白い花だ。枝は頑固で、かつて曲がった事がないが、実直でもない。(ボケ)の花は自分が愚かであると悟っているのだろう・・・・・・。余も木瓜(ボケ)になりたい」。

句の中にある「拙(せつ)」とは、お侍さんがよく言う「拙者(せっしゃ)」の「拙」。相手を敬って自分を控えめに、謙遜する言い方。
漱石自身、木瓜(ボケ)の花を見ながら己の才に自惚れることなく、実直に純粋に生きることを貫こうとしたのでしょう。
「余も木瓜になりたい・・・・」。
posted by ツルカメ at 22:42| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

炎天の 地上花あり 百日紅

サルスベリ1.jpg
百日紅(さるすべり)
サルスベリ2.jpg

サルスベリ3.jpg
夏の空に鮮やかな紅色が映える「百日紅(さるすべり)」。夏から秋の約3ヵ月間、紅色の花を咲かすことから「百日紅」という名前がついたそうです。
虚子が詠んだ句のように、たしかに夏の炎天下に咲きほこっている百日紅。遠目には濃い紅色に見えますが、近づくと可憐な桃色の美しい花です。

「散れば咲き 散れば咲きして 百日紅」/加賀千代女

百日紅の花は、一度咲いた枝先から新しい花芽が出てきて約100日間も花を咲かし続け、私たちの目を楽しませてくれるのです。

posted by ツルカメ at 22:08| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

夏の藤棚

藤1.jpg

藤2.jpg
関東地方は3日続きの真夏日で、今日も猛暑! 今週はず〜と暑そうです。
4月末頃から5月の上旬頃まで、綺麗な花をつけていた近所の藤棚。今はでっかい枝豆のような、種子が入ったさやがぶら下がっています。さやは秋に完熟し茶褐色になり、自然にはじけて種が飛び出します。
ちなみに花は湯がいて三杯酢や天麩羅で、種は炒って食べると銀杏のような味だとか・・・・。
(でも毒性があるのであまりイッパイ食べない方がいいという話を聞いた事がありますが!)
posted by ツルカメ at 21:45| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

そろそろ食べ頃のミニトマト。

ミニトマト1.jpg

ミニトマト2.jpg

ミニトマト3.jpg
庭のミニトマトもそろそろ食べ頃になってきました。
そして水栽培で育てている、摘み取ったわき芽に実ったミニトマトもちゃんと赤くなってきました!
posted by ツルカメ at 21:21| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

赤紫蘇の大発生!

赤しそ.jpg
庭の青紫蘇のまわりに赤紫蘇が大発生! どっからか種が飛んできたのでしょうか?
ちなみに赤紫蘇は動脈硬化の予防に効果があるとか。さらに赤紫蘇にゴマと寒天を加えると効果倍増!
赤紫蘇を水で煮だし砂糖を加え、粉寒天を溶かしたお湯に混ぜ、すりゴマを入れて容器に移して冷やせば、赤紫蘇ゴマ寒天のできあがり! さっそく試してみますか!
posted by ツルカメ at 22:06| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

摘んだわき芽に可愛いトマトが・・・・・

ミニトマト1.jpg

ミニトマト2.jpg
庭に植えたミニトマトのわき芽ですが、捨てるのがもったいので水栽培で育てていましたが、ミニトマトの可愛い実が2つほどつきました。
たまに液肥を与えていますが、大きくなるのでしょうか・・・・。
posted by ツルカメ at 22:18| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

鷺草「銀河」無事に発芽しました。

鷺草.jpg
鷺草「銀河」

鶴亀.jpg
「鶴亀」苔盆栽
昨年の「せたがやホタル祭りとさぎ草市」で購入した鷺草「銀河」です。無事に発芽してくれました。来月には花芽がついてくれるはずですが・・・・。
ついでに「鶴亀」の苔盆栽。枯れることなく3年目をむかえてくれました。
posted by ツルカメ at 21:38| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

山桃桜(ユスラウメ)の実が真っ赤になりました。

ユスラウメ1.jpg

ユスラウメ2.jpg
庭のユスラウメが真っ赤になってきました。
ちなみにユスラウメの「ユスラ」は韓国語が転訛したものだそうです。中国では桜桃、英名はコリアンチェリーで日本では「山桜桃」「梅桃」と書いてユスラウメと読むそうな・・・。
サクランボのようですが生食でいただいてみると、酸味が少なく実際サクランボのような味がします。
実はそれほど多くありませんが、今年はこれで果実酒をつくろうとたくらんでおります。
posted by ツルカメ at 16:15| Comment(0) | 花と緑と家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。