2016年08月14日

頭(こうべ)を垂れる稲穂かな・・・・・。

苗.jpg
庭で育てている「バケツ稲」に、稲穂のもとになる「幼穂(ようすい)」ができてきました。
このままうまく「出穂(しゅっすい)」してくれればよいのですが。

「実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂かな」
稲は実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれて、誰にでも頭を下げる謙虚な気持ちを忘れてはいけない。
詠人不明ですが、有名な故事ことわざですネ。

謙虚な気持ちを忘れずに・・・・・・。
頭を垂れるほど、米がなってくれますように。

posted by ツルカメ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

「フロンタウンさぎぬま」の盆踊り大会

フロンタ.jpg
今日は地元 鷺沼「フロンタウンさぎぬま」の盆踊り大会。
ふろん太くんのお出迎えです。

盆踊り.jpg
「月が〜出た出た〜、月が〜出た〜ヨイヨイ!」と炭坑節で始まりましたが、
残念ながら曇り空で、月は見当たりません。
でもナンカ楽しいですよネ、盆踊りって。


posted by ツルカメ at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

枝豆でビール・・・・・・!

枝豆.jpg
庭の枝豆です。
これを肴に、もうすぐビールが飲めそうです!

国貞.jpg
浮世絵:国貞初代  当世六玉顔 調布玉川 枝豆の図

国貞 「当世六玉顔」の中で最も傑出している「調布玉川」の図。
上部のコマ絵には
調布の玉川 たつくりやさらす垣根の朝 露をつらぬきそめぬたまがわの里」
とあります。
玉川の「納涼船」の船べりに肘をかけ、枝についたままの枝豆をムシャムシャ食べる女性の図。
しなりとした姿態から漂うのは、色気よりも食い気ですかネ!


posted by ツルカメ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

今日も大気が不安定な1日でした・・・・

空.jpg
今日も昨日に引き続き、大気が不安定な1日となりました。
午後には雷をともない、猛烈な豪雨に・・・・。
雨が降っている時は、涼しくて良いのですが、雲の切れ間から太陽が顔を出し、
雨が止むと、とたんに蒸し暑くなります。

昨日は、孫が楽しみにしていた「盆踊り大会」も中止に。
明日もまだ不安定な状態が続きそうです。

「梅雨明け十日」と言うように、梅雨の明けた後は10日ほど晴天が続くそうですが、今年は梅雨明け三日でございます。


posted by ツルカメ at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

ボケの実とボケ酒

ボケ01.jpg
花がら摘みをしなかった、ボケ盆栽の「黒潮」に可愛いボケの実が・・・・・・。

ボケ02.jpg
こちらは2年前に、ボケの実で漬けた「木瓜酒」。
色も濃くなり、味も濃厚になり美味しくなってきました。
おやすみ前に、一杯いただいて寝ております。

posted by ツルカメ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

落語 「応挙の幽霊」

応挙の幽霊.jpg
寛政7年7月17日は、江戸時代を代表する絵師「円山応挙」の忌日となります。
応挙といえば「写生」を重視した緻密なスケッチから生まれる装飾性豊かな花鳥風月図が有名であり、京都画壇においては現代にまでその系統が引き継がれています。

また応挙といえば「幽霊画」の大家としても知られた人物。
ただ「足のない幽霊」を最初に描いたのは応挙だという説もありますが、これは定かではないようです。
元禄時代の浄瑠璃本には「足のない幽霊」が描かれております。ただ肉筆画で「足のない幽霊」を描いたのは応挙が最初だと言う説は有力なようですが。

「応挙の幽霊」といえば、落語の「応挙の幽霊」が有名ですネ。

骨董屋の主人が、幽霊画の好きな客に、「これは応挙の絵だと思うんですがね・・・・・」と言って、1幅の掛け軸を見せます。
客は一目見るなり、その絵を気に入り、「オウキョでもラッキョでもいいから明日の朝に届けてくれ!」と内金を払って出ていきます。
骨董屋の主人は、仕入れ値の10倍で売れたことに大喜び!
これでやっと亡妻の法事ができると、幽霊画を床の間に掛け、酒や肴を用意して一人飲み始めます。
するとそこに、掛け軸から抜け出した色っぽい女の幽霊が現れます。
幽霊が言うには、いつもは「やれ薄気味悪いやら、怖い」と言われ、すぐにしまわれてしまうのに、今日は私を見ながらお酒を飲んでいただいて、うれしくて出てきてしまいましたと・・・・・・。
それから二人は、差しつ差されつ飲み明かします。
そして、あたりがほのかに明るくなった頃、青白い顔をしていた女の幽霊は、真っ赤な顔をして掛け軸の中にもどってしまいました。
掛け軸を見ると、女の幽霊は酔っぱらって、腕枕をして寝込んでおります。
主人が「おい、おい、いつになったら起きてくれるんだ? 今日の朝には、客の所へ届けなければいけないのに!」と問いかけると
「幽霊なんだから、丑三つ時に決まっているでしょ・・・・・・・・」

お後がよろしいようで・・・・・・・・。


posted by ツルカメ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

鰻を食べた〜〜い!!

うなぎ1.jpg
近所のスーパーへ行ったら、鮮魚コーナーは早くも「土用の丑」の日コーナーになっており、ショーケースの中は鰻の蒲焼きがズラ〜〜リと並んでおりました。
「美味そ〜!」「食べた〜い!」と思いましたが、家族人数分を買う余裕はございません。
近畿大学が開発した「ウナギ味のナマズ」がイオンで販売開始されたそうですが、早いとこ市場に出回りませんかネ!!

うなぎ.jpg
浮世絵:歌川国芳 山海愛度図会 「にがしてやりたい」
こちらは国芳の山海愛度図会「にがしてやりたい」。
女性が橋の上から、ざるに入れた小さな鰻を逃がしている絵です。
当時は神社仏閣で行われていた「放生会」という、捕獲した小動物を放し、殺生を戒める宗教儀式が大衆でも大流行し、橋の脇で「放し亀屋」などと呼ばれる露店で売られている「亀」「鰻」「小鳥」などを買い求めて橋の上から逃がしてやっていたそうです。
さすが江戸っ子、気っ風がいいですネ!
江戸では、浅草川,深川辺の産を江戸前と呼び、他所で捕まえたものは「旅うなぎ」と呼んだとか。
ちなみに江戸時代でも鰻は高級で、一皿4000円もしていたそうです。

あ〜 鰻をたらふく食べたい〜!!

posted by ツルカメ at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

豪雨の後に虹が・・・・・

nizi.jpg
今日は久々の雷に、激しい豪雨!
豪雨の後には、美しい虹が・・・・・・。


posted by ツルカメ at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

孫と一緒にブルーベリー狩りへ・・・・・・

ブルーベリー02.jpg

ブルーベリー01.jpg

ブルーベリー03.jpg

ブルーベリー04.jpg
孫と一緒に、近所の農園へブルーベリーの摘み取りへ。
毎年摘み取りに行っているので、農園のオジサンとも顔見知りになり、今日も親切に食べごろの甘〜〜いブルベリーを教えていただきました。
最近はブルーベリー狩りのお客さんが増えて、うれしい悲鳴を上げておりました。
孫は摘み取り用のパックへ入れるより、口の中にポイポイ放り込んでおりましたが・・・・・・。



posted by ツルカメ at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

半跏思惟・・・・・仏は何を思うのか

01-78号.jpg
韓国の国宝第78号「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」

02-如意輪観音.jpg
日本の国宝「木造菩薩半跏像」(奈良・中宮寺所蔵)

ソウルの国立中央博物館で、国交正常化50周年を機に企画された「韓日の国宝・半跏思惟像の出会い」展で、今月の12日まで展示されていた、韓国と日本を代表する大型の半跏思惟(はんかしゆい)像。6月21日からは、東京上野の国立博物館で「ほほえみの御仏 二つの半跏思惟像」で展示されます。

〈半跏思惟〉とは台座に腰をおろし,右足を曲げて左足の膝頭に載せ,右手を曲げて指先を頬に当てて思索にふける仏の姿。美しいですネ〜〜!

しかし日本の半跏思惟像といったら、国宝第一号に認定された広隆寺の弥勒菩薩像の方が有名なのに、なぜ中宮寺の木造菩薩半跏像が選ばれたのか?

03-広隆寺 弥勒菩薩1.jpg
広隆寺 弥勒菩薩像

この弥勒菩薩像、今まで推古31年(623年)に新羅から伝来したものとする説が有力だったそうですが、近年になって、日本で造像された可能性も出てきたそうで、制作場所が不明なため中宮寺の木造菩薩半跏像が選ばれたとか・・・・・・。

04-広隆寺 弥勒菩薩2.jpg

「アルカイックスマイル(古典的微笑)」と呼ばれ、世界的にも高く評価されている弥勒菩薩像。
右手の指先が、右頰にふれるかふれないかの微妙な位置が、その美しさをより強調しております。

しかし、この繊細優美な美しい姿の弥勒菩薩像ですが、完成当時は全体に黒漆を塗ったうえ、金箔を貼り付けてあり、きらびやかな荘厳具も身につけていたようです。
おまけに木屎漆(こくそうるし)を全身に数ミリの厚さで貼り付けて肉付けしてあったため、現在の顔よりふっくらしており、なんと指先は頬に付いていたらしいとか・・・・・・。
想像するとちょっと残念ですが、神秘的なアルカイックスマイルは変わらないのでしょう。

05-水月1.jpg

こちらは、私のお気に入りのアメリカのネルソン・アトキンズ美術館が所蔵している中国の水月観音像。
半跏思惟像ではありませんが、補陀落山(ふだらくせん)の水辺の岩上に座し、水面の月を眺めている姿の観音様です。仏様には失礼ですが、カッコいいですよネ!!


posted by ツルカメ at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

庭のスギゴケのようなセダム

セダム1.jpg
いつ頃からかは覚えていませんが、庭にスギゴケのようなセダムが繁殖するようになりました。
最初はスギゴケだと思っていたら、多肉植物なんですネ。

セダム2.jpg
会社の名前にちなんだ「鶴」と「亀」の置物ですが、植えていたコケが枯れてしまったので庭のセダムを植えてみました。

セダム3.jpg

セダム4.jpg
日差しが当たる窓辺に置いてはあるのですが、やっぱり直射日光に当たらないせいか、ヒョロヒョロと伸びてきてしまいました。



posted by ツルカメ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

狂気の絵師が描く、静寂の美と恐怖・・・・・

産女.jpg
月岡芳年:「幽霊之図 うぶめ」肉筆絹本

今日6月9日は、幕末から明治にかけて活躍した「最後の浮世絵師」月岡芳年の命日です。
河鍋暁斎や落合芳幾らとともに、浮世絵師 歌川国芳に師事した芳年。
武者絵、歴史絵、美人画、役者絵等、様々な浮世絵を手がける中、猟奇的な「無惨絵」の絵師としても知られ、「血まみれ芳年」とも呼ばれた浮世絵師の月岡芳年。

そんな芳年の作品の中でも特に異彩を放つのが、肉筆による「幽霊之図 うぶめ」の絵。
一見、腰巻きだけを着けたエロティックな女性の後ろ姿かと思いきや、よく見ると腰巻きは血で染まり、おまけに足がありません。そして腕には赤ん坊を抱いているのか、小さな足が二本見えます。

うぶめ「産女」「姑獲鳥」とは、死んだ妊婦をそのまま埋葬すると「うぶめ」となって現われるという妖怪です。日本では古くから多くの地方で、子供が産まれないまま妊婦が死亡した際は、その腹を裂いて胎児を取り出し、母親に抱かせたりして葬る事という伝承があったそうです。

民俗学者の柳田国男によると「うぶめ」は、深夜の道の辻や、橋のたもと、厠などに現れ、出くわした人間に自分の子を抱いてほしいと頼むそうです。そして頼まれたら、決して断ってはならないとされ、断ったらその場で命を落とすとか・・・・・・・。
 
その「うぶめ」を芳年が描くと、こ〜なるのですネ。スゴイですネ〜!
無事に赤子を生むことができなかった女の無念。
その無念さが静寂の中、痩せこけた背中から鬼気と迫ってきます。

そして本当の恐怖は、彼女が振り向いたその顔にあるのです。

幽霊画の大家、円山応挙にも、芳年の師匠 歌川国芳にも描くことができない傑作です。





posted by ツルカメ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

工事現場にジェットモグラ!?

モグラ2.jpg

自宅近くのマンション工事現場。
先月に古いマンションが解体され、只今杭打ち機で基礎工事中。
なんかカッコいいですよネ〜。
黄色いボディは振動機なんですかネ・・・・・。
汚れ具合がイイ感じです。
この黄色いボディを見ていたら、サンダーバードに登場するジェットモグラを思いだしました。

モグラ1.jpg

てなわけで振動機のかわりにジェットモグラを装着!!
工事現場でこんなのが稼働していたらスゴイですネ。
でも基礎工事がメチャクチャになるでしょう・・・・・・・・。


posted by ツルカメ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

愛せらるるは薔薇の花・・・・・・

bara.jpg
薔薇の花が見頃になってきました。
家の近所を散歩していると、庭先にきれいに手入れされた薔薇の花を見かけます。

愛せらるるは薔薇の花
愛することは薔薇の刺

花はあまりに散り易し
刺はあまりに身に痛し


堀口大学の「なげき」と題された詩です。

愛される方は、香り良い花の芳香につつまれたような気分だが、
愛する方は、失恋した時の刺の痛さを覚悟しなければならない・・・・。

しかし愛された方も、相手の愛がいつか冷めてしまうのではないかと心配でならない。
そして失恋したときの刺の痛さはあまりにも身に痛し・・・・・。

恋愛とは愛する方も、愛される方も「なげき」の種を生むものだと言うことでしょう。


posted by ツルカメ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

ジュリアーノ・ジェンマ 「怒りの荒野」

荒野01.jpg
数十年ぶりにジュリアーノ・ジェンマの「怒りの荒野」を鑑賞!
マカロニウェスタンでは大御所として貫禄十分のリー・ヴァン・クリーフと、人気絶頂のジュリアーノ・ジェンマ共演の傑作マカロニウェスタンです!!

荒野02.jpg
「荒野の1ドル銀貨」や「南から来た用心棒」でマカロニウェスタンのトップスターになったジュリアーノ・ジェンマ。「若いですネェ〜」
2013年、交通事故で惜しまれつつも他界してしまいましたが・・・・・。

荒野03.jpg
そしてマカロニウェスタンにはなくてはならないリー・ヴァン・クリーフ。
いつもながら渋いオッサンです! 彼は馬小屋で働くジェンマに拳銃を買い与え、ガンマンとして自分の弟子にします。

そして映画の中でリー・ヴァン・クリーフ演じるガンマンのタルビーは、ジェンマ扮する青年スコットに「ガンマン心得10ヶ条」を伝授するのです。
1.人にものを頼むな!
2.人を信用するな!
3.的と拳銃の間に立つな!
4.パンチも銃弾も最初を外すな!
5.傷を負わせたら殺せ!
6.危険なときほど良く狙え!
7.縄を解く前に拳銃を取り上げろ!
8.相手に必要以上の弾を与えるな!
9.挑戦されたら逃げるな!
10.皆殺しにするまで止めるな!


まるでガンマン版、宮本武蔵の「五輪書」のようです。

荒野04.jpg
しかし師弟関係にあった二人の中にもやがて亀裂が・・・・。
そしてスコットは馬小屋で世話になっていた老人マーフが昔保安官で、ならず者だったタルビーを町から追放したことを知ります。
マーフはスコットがタルビーと撃ち合うことを予感して、彼に銃の撃ち方を教えます。

荒野05.jpg
「お前は銃の撃鉄をあおるように撃つ。
これでは銃が上下に動き、的に正確に当たらない!」

荒野06.jpg
「タルビーは左手で銃身を握り、右手の親指でなめるように撃鉄を引く!
さらに奴の銃は、銃身が短く切られていてお前の銃より5センチも短い。つまり、それだけ早くホルスターから銃を抜くことができるんだ!」
そしてマーフはスコットに「俺が奴に殺されたら、馬小屋の隅に箱があるからそれを開けろ。お前への贈り物だ!」という言葉を残します。

荒野07.jpg
保安官助手になったマーフは、昔のようにタルビーを町から追い出そうとしますが、彼に撃ち殺されてしまいます。復讐を誓ったスコットはマーフの残した言葉どおり馬小屋の隅にある箱を開けると、中にはスコット宛の手紙と一丁の拳銃が・・・・・・・。

荒野08.jpg
なんとこの拳銃は、あの有名なドク・ホリディが使っていた拳銃なのです。
ドク・ホリディといったらアメリカ開拓時代のガンマンで、博士号を持っていたことから「ドク」と呼ばれ、
映画でも有名な「OK牧場の決闘」でワイアット・アープに味方してクラントン一家と撃ち合った、実在の人物。そして彼の拳銃もタルビーと同じく45口径のコルト・シングル・アクション・アーミーの5.5インチモデルで、タルビーと同じく銃身をカットし、連射し易いようハンマー・トップを低くし、撃鉄の指かけ部分の滑り止めを無くしたカスタム・ハンマーが装着。おまけに引き金はトリガー・ガードに固定されており、引き金を引かなくとも撃鉄を弾くだけで弾が出るという凄い銃なのです。
(※実際のドク・ホリデイの銃も早撃ちをする為に銃の照準や角などを削り落とし、引き金を安全金に縛り付けていたそうです。)

荒野09.jpg
ジャ〜〜ン、そしていよいよ対決の時が・・・・

荒野10.jpg
まさかスコットが、ドク・ホリデイの銃を持っているとは知るはずもないタルビー・・・・・。

荒野11.jpg
スコットはマーフの教えどおり左手で銃身を握り、見事な早撃ちでタルビーを倒します。

荒野12.jpg
傷を負ったタルビーは「俺の負けだ。この町を出て行くから馬をつれて来てくれ・・・・」と懇願します。
しかしスコットはタルビーにこう言います。
「ガンマンの心得10、皆殺しにするまで止めるな!」
「ガンマンの心得5、傷を負わせたら殺せ!」

そして荒野に銃声が響き渡り、スコットは手にしたドク・ホリデイの拳銃を投げ捨てるのです・・・・・。

拳銃のウンチクといい、何度見ても素晴らしい映画でございました。


posted by ツルカメ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

雑草という名の草はない・・・・・

雑草.jpg
今日は国民の祝日である「みどりの日」。
昭和天皇がみどりを愛したことから、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という趣旨のもとに制定された日です。
1937年、昭和天皇はゴルフ場として利用していた吹上御所内の敷地を自然林に戻す計画をたて、90年近くかかり、都会のど真ん中に大自然をよみがえらせました。

雑草という名の草はない・・・・・
そんな昭和天皇が、お住まいの庭の草を刈った侍従長の入江相政に「どうして草を刈ったのかね?」と尋ねられたそうです。
すると侍従長は「雑草が生い茂って参りましたのでお刈りしました」と・・・・・・・。
それを聞いた昭和天皇は「雑草という草はない。どんな植物でもみな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考えで、雑草として決め付けてしまうのはいけない。注意するように。」と諭されたとか・・・・・。
今では皇居全体が神聖な森として、不可侵の神域として鎮座しております。

雑用という名の用はない・・・・・
昭和天皇の言葉を思い出したら、ノートルダム清心学園理事長 渡辺和子さんのこの言葉も思い出しました。
「雑用という名の用はない、用を雑にしたときに〈雑用〉は生まれる」

人生に無駄なものは無いのです。



posted by ツルカメ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

山陰の銘菓「因幡の白うさぎ」

うさぎ.jpg
山陰のお土産に、銘菓「因幡の白うさぎ」をいただきました。
赤い目をした可愛い兎のお菓子です。
初めて食べましたが、「ひよこ」のお菓子より美味し〜〜いかも!

白うさぎ2.jpg
浮世絵:葛飾北斎画 「大国主命と因幡の白兎と鰐」

因幡の白兎といったら、昔国語の教科書にも載っていましたが、日本神話や古事記に登場するお話ですネ。
鰐(サメ)をだまして、島から抜け出そうとして失敗し、鰐に皮を剥がされた白兎。
その白兎を可哀想に思い、助けてあげる大国主命(おおくにぬしのみこと)。

白兎にとっては、「人を騙すと自分に返ってくる」という教訓。
大国主命にとっては「良い行ないは自分に返ってくる」という教訓でございます。

ちなみに日本では〈サメ〉のことを〈ワニ〉と昔は呼んでいたそうです。
「因幡の白兎」の絵本などに描かれている挿絵の多くは、〈サメ〉ですが、北斎の描いた絵にはリアルな鰐が描かれています。なかなか興味深い絵ですネ!


posted by ツルカメ at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

江戸庶民を活気づけた「鯰(なまず)絵」!

namazu.jpg
錦絵(浮世絵):「世直し鯰の情(なさけ)」

安政2年に関東地方南部で発生したM7クラスの巨大地震。世にいう安政の大地震直後に売り出され、江戸中で「地震除け」の護符として大ブームを起こした「鯰」の錦絵(浮世絵)。
地震直後のわずか2ヶ月間の間に多種多様な絵柄で、大量に発行されたそうです。
大地震を起こした大鯰を庶民が懲らしめる絵柄や、鹿島神宮の祭神である「建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)」が剣で大鯰を退治する絵柄等が人気だったようです。
中には上の絵のように、地震を起こした鯰たちが、その謝罪として被災した人たちの復興の手助けをしているユニークな絵柄もあります。
逆境にめげない江戸庶民のバイタリティーを感じます。

熊本地震を起こした鯰たちも、世直し鯰となって被災した方々の復興の手助けをしていただきたいものです。
1日でも早い被災地の復興を願いつつ・・・・・。


posted by ツルカメ at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

最初期メンバーが集結した「サンタナW」!

SANTANA.jpg

4月15日に世界同時発売されたサンタナの通算24枚目となる最新アルバム「サンタナW」。
ジャーニーのニール・ショーンやグレッグ・ローリーらが45年ぶりに集結した最新作はパワフルで情熱的、そして官能的なサウンドは健在で、より進化したサウンドには脱帽です。
カルロス・サンタナも69歳。初めてサンタナを知ったのは小学生の時に聴いた「「ブラック・マジック・ウーマン」でしたが衝撃的でしたネ〜!
サンタナが一時、宗教に傾倒した時期の「抹香臭い」サウンドも大好きですが、ラテンロックのサウンドもあいかわらずイイですネ〜。お約束のように「哀愁のヨーロッパ」を彷彿させる“泣きのギター”も健在!
なによりサンタナとニール・ショーンのツインリードギターは圧巻です。
このメンバーで来日してくれたら最高なのに・・・・・・・。




posted by ツルカメ at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

空には花名残月(はななごりづき)・・・・・・

花名残月.jpg

卯花月:うのはなづき
木葉取月:このはとりづき
夏初月:なつはづき
餘月:よげつ
花名残月:はななごりづき

4月の月の異名です。

桜の花も、風雨によって葉桜状態になってきました。
花が散った空には散りゆく花を惜しむように、花名残月が・・・・・・・。





posted by ツルカメ at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする