2016年06月09日

狂気の絵師が描く、静寂の美と恐怖・・・・・

産女.jpg
月岡芳年:「幽霊之図 うぶめ」肉筆絹本

今日6月9日は、幕末から明治にかけて活躍した「最後の浮世絵師」月岡芳年の命日です。
河鍋暁斎や落合芳幾らとともに、浮世絵師 歌川国芳に師事した芳年。
武者絵、歴史絵、美人画、役者絵等、様々な浮世絵を手がける中、猟奇的な「無惨絵」の絵師としても知られ、「血まみれ芳年」とも呼ばれた浮世絵師の月岡芳年。

そんな芳年の作品の中でも特に異彩を放つのが、肉筆による「幽霊之図 うぶめ」の絵。
一見、腰巻きだけを着けたエロティックな女性の後ろ姿かと思いきや、よく見ると腰巻きは血で染まり、おまけに足がありません。そして腕には赤ん坊を抱いているのか、小さな足が二本見えます。

うぶめ「産女」「姑獲鳥」とは、死んだ妊婦をそのまま埋葬すると「うぶめ」となって現われるという妖怪です。日本では古くから多くの地方で、子供が産まれないまま妊婦が死亡した際は、その腹を裂いて胎児を取り出し、母親に抱かせたりして葬る事という伝承があったそうです。

民俗学者の柳田国男によると「うぶめ」は、深夜の道の辻や、橋のたもと、厠などに現れ、出くわした人間に自分の子を抱いてほしいと頼むそうです。そして頼まれたら、決して断ってはならないとされ、断ったらその場で命を落とすとか・・・・・・・。
 
その「うぶめ」を芳年が描くと、こ〜なるのですネ。スゴイですネ〜!
無事に赤子を生むことができなかった女の無念。
その無念さが静寂の中、痩せこけた背中から鬼気と迫ってきます。

そして本当の恐怖は、彼女が振り向いたその顔にあるのです。

幽霊画の大家、円山応挙にも、芳年の師匠 歌川国芳にも描くことができない傑作です。





posted by ツルカメ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

工事現場にジェットモグラ!?

モグラ2.jpg

自宅近くのマンション工事現場。
先月に古いマンションが解体され、只今杭打ち機で基礎工事中。
なんかカッコいいですよネ〜。
黄色いボディは振動機なんですかネ・・・・・。
汚れ具合がイイ感じです。
この黄色いボディを見ていたら、サンダーバードに登場するジェットモグラを思いだしました。

モグラ1.jpg

てなわけで振動機のかわりにジェットモグラを装着!!
工事現場でこんなのが稼働していたらスゴイですネ。
でも基礎工事がメチャクチャになるでしょう・・・・・・・・。


posted by ツルカメ at 20:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

愛せらるるは薔薇の花・・・・・・

bara.jpg
薔薇の花が見頃になってきました。
家の近所を散歩していると、庭先にきれいに手入れされた薔薇の花を見かけます。

愛せらるるは薔薇の花
愛することは薔薇の刺

花はあまりに散り易し
刺はあまりに身に痛し


堀口大学の「なげき」と題された詩です。

愛される方は、香り良い花の芳香につつまれたような気分だが、
愛する方は、失恋した時の刺の痛さを覚悟しなければならない・・・・。

しかし愛された方も、相手の愛がいつか冷めてしまうのではないかと心配でならない。
そして失恋したときの刺の痛さはあまりにも身に痛し・・・・・。

恋愛とは愛する方も、愛される方も「なげき」の種を生むものだと言うことでしょう。


posted by ツルカメ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

ジュリアーノ・ジェンマ 「怒りの荒野」

荒野01.jpg
数十年ぶりにジュリアーノ・ジェンマの「怒りの荒野」を鑑賞!
マカロニウェスタンでは大御所として貫禄十分のリー・ヴァン・クリーフと、人気絶頂のジュリアーノ・ジェンマ共演の傑作マカロニウェスタンです!!

荒野02.jpg
「荒野の1ドル銀貨」や「南から来た用心棒」でマカロニウェスタンのトップスターになったジュリアーノ・ジェンマ。「若いですネェ〜」
2013年、交通事故で惜しまれつつも他界してしまいましたが・・・・・。

荒野03.jpg
そしてマカロニウェスタンにはなくてはならないリー・ヴァン・クリーフ。
いつもながら渋いオッサンです! 彼は馬小屋で働くジェンマに拳銃を買い与え、ガンマンとして自分の弟子にします。

そして映画の中でリー・ヴァン・クリーフ演じるガンマンのタルビーは、ジェンマ扮する青年スコットに「ガンマン心得10ヶ条」を伝授するのです。
1.人にものを頼むな!
2.人を信用するな!
3.的と拳銃の間に立つな!
4.パンチも銃弾も最初を外すな!
5.傷を負わせたら殺せ!
6.危険なときほど良く狙え!
7.縄を解く前に拳銃を取り上げろ!
8.相手に必要以上の弾を与えるな!
9.挑戦されたら逃げるな!
10.皆殺しにするまで止めるな!


まるでガンマン版、宮本武蔵の「五輪書」のようです。

荒野04.jpg
しかし師弟関係にあった二人の中にもやがて亀裂が・・・・。
そしてスコットは馬小屋で世話になっていた老人マーフが昔保安官で、ならず者だったタルビーを町から追放したことを知ります。
マーフはスコットがタルビーと撃ち合うことを予感して、彼に銃の撃ち方を教えます。

荒野05.jpg
「お前は銃の撃鉄をあおるように撃つ。
これでは銃が上下に動き、的に正確に当たらない!」

荒野06.jpg
「タルビーは左手で銃身を握り、右手の親指でなめるように撃鉄を引く!
さらに奴の銃は、銃身が短く切られていてお前の銃より5センチも短い。つまり、それだけ早くホルスターから銃を抜くことができるんだ!」
そしてマーフはスコットに「俺が奴に殺されたら、馬小屋の隅に箱があるからそれを開けろ。お前への贈り物だ!」という言葉を残します。

荒野07.jpg
保安官助手になったマーフは、昔のようにタルビーを町から追い出そうとしますが、彼に撃ち殺されてしまいます。復讐を誓ったスコットはマーフの残した言葉どおり馬小屋の隅にある箱を開けると、中にはスコット宛の手紙と一丁の拳銃が・・・・・・・。

荒野08.jpg
なんとこの拳銃は、あの有名なドク・ホリディが使っていた拳銃なのです。
ドク・ホリディといったらアメリカ開拓時代のガンマンで、博士号を持っていたことから「ドク」と呼ばれ、
映画でも有名な「OK牧場の決闘」でワイアット・アープに味方してクラントン一家と撃ち合った、実在の人物。そして彼の拳銃もタルビーと同じく45口径のコルト・シングル・アクション・アーミーの5.5インチモデルで、タルビーと同じく銃身をカットし、連射し易いようハンマー・トップを低くし、撃鉄の指かけ部分の滑り止めを無くしたカスタム・ハンマーが装着。おまけに引き金はトリガー・ガードに固定されており、引き金を引かなくとも撃鉄を弾くだけで弾が出るという凄い銃なのです。
(※実際のドク・ホリデイの銃も早撃ちをする為に銃の照準や角などを削り落とし、引き金を安全金に縛り付けていたそうです。)

荒野09.jpg
ジャ〜〜ン、そしていよいよ対決の時が・・・・

荒野10.jpg
まさかスコットが、ドク・ホリデイの銃を持っているとは知るはずもないタルビー・・・・・。

荒野11.jpg
スコットはマーフの教えどおり左手で銃身を握り、見事な早撃ちでタルビーを倒します。

荒野12.jpg
傷を負ったタルビーは「俺の負けだ。この町を出て行くから馬をつれて来てくれ・・・・」と懇願します。
しかしスコットはタルビーにこう言います。
「ガンマンの心得10、皆殺しにするまで止めるな!」
「ガンマンの心得5、傷を負わせたら殺せ!」

そして荒野に銃声が響き渡り、スコットは手にしたドク・ホリデイの拳銃を投げ捨てるのです・・・・・。

拳銃のウンチクといい、何度見ても素晴らしい映画でございました。


posted by ツルカメ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

雑草という名の草はない・・・・・

雑草.jpg
今日は国民の祝日である「みどりの日」。
昭和天皇がみどりを愛したことから、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という趣旨のもとに制定された日です。
1937年、昭和天皇はゴルフ場として利用していた吹上御所内の敷地を自然林に戻す計画をたて、90年近くかかり、都会のど真ん中に大自然をよみがえらせました。

雑草という名の草はない・・・・・
そんな昭和天皇が、お住まいの庭の草を刈った侍従長の入江相政に「どうして草を刈ったのかね?」と尋ねられたそうです。
すると侍従長は「雑草が生い茂って参りましたのでお刈りしました」と・・・・・・・。
それを聞いた昭和天皇は「雑草という草はない。どんな植物でもみな名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考えで、雑草として決め付けてしまうのはいけない。注意するように。」と諭されたとか・・・・・。
今では皇居全体が神聖な森として、不可侵の神域として鎮座しております。

雑用という名の用はない・・・・・
昭和天皇の言葉を思い出したら、ノートルダム清心学園理事長 渡辺和子さんのこの言葉も思い出しました。
「雑用という名の用はない、用を雑にしたときに〈雑用〉は生まれる」

人生に無駄なものは無いのです。



posted by ツルカメ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

山陰の銘菓「因幡の白うさぎ」

うさぎ.jpg
山陰のお土産に、銘菓「因幡の白うさぎ」をいただきました。
赤い目をした可愛い兎のお菓子です。
初めて食べましたが、「ひよこ」のお菓子より美味し〜〜いかも!

白うさぎ2.jpg
浮世絵:葛飾北斎画 「大国主命と因幡の白兎と鰐」

因幡の白兎といったら、昔国語の教科書にも載っていましたが、日本神話や古事記に登場するお話ですネ。
鰐(サメ)をだまして、島から抜け出そうとして失敗し、鰐に皮を剥がされた白兎。
その白兎を可哀想に思い、助けてあげる大国主命(おおくにぬしのみこと)。

白兎にとっては、「人を騙すと自分に返ってくる」という教訓。
大国主命にとっては「良い行ないは自分に返ってくる」という教訓でございます。

ちなみに日本では〈サメ〉のことを〈ワニ〉と昔は呼んでいたそうです。
「因幡の白兎」の絵本などに描かれている挿絵の多くは、〈サメ〉ですが、北斎の描いた絵にはリアルな鰐が描かれています。なかなか興味深い絵ですネ!


posted by ツルカメ at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

江戸庶民を活気づけた「鯰(なまず)絵」!

namazu.jpg
錦絵(浮世絵):「世直し鯰の情(なさけ)」

安政2年に関東地方南部で発生したM7クラスの巨大地震。世にいう安政の大地震直後に売り出され、江戸中で「地震除け」の護符として大ブームを起こした「鯰」の錦絵(浮世絵)。
地震直後のわずか2ヶ月間の間に多種多様な絵柄で、大量に発行されたそうです。
大地震を起こした大鯰を庶民が懲らしめる絵柄や、鹿島神宮の祭神である「建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)」が剣で大鯰を退治する絵柄等が人気だったようです。
中には上の絵のように、地震を起こした鯰たちが、その謝罪として被災した人たちの復興の手助けをしているユニークな絵柄もあります。
逆境にめげない江戸庶民のバイタリティーを感じます。

熊本地震を起こした鯰たちも、世直し鯰となって被災した方々の復興の手助けをしていただきたいものです。
1日でも早い被災地の復興を願いつつ・・・・・。


posted by ツルカメ at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

最初期メンバーが集結した「サンタナW」!

SANTANA.jpg

4月15日に世界同時発売されたサンタナの通算24枚目となる最新アルバム「サンタナW」。
ジャーニーのニール・ショーンやグレッグ・ローリーらが45年ぶりに集結した最新作はパワフルで情熱的、そして官能的なサウンドは健在で、より進化したサウンドには脱帽です。
カルロス・サンタナも69歳。初めてサンタナを知ったのは小学生の時に聴いた「「ブラック・マジック・ウーマン」でしたが衝撃的でしたネ〜!
サンタナが一時、宗教に傾倒した時期の「抹香臭い」サウンドも大好きですが、ラテンロックのサウンドもあいかわらずイイですネ〜。お約束のように「哀愁のヨーロッパ」を彷彿させる“泣きのギター”も健在!
なによりサンタナとニール・ショーンのツインリードギターは圧巻です。
このメンバーで来日してくれたら最高なのに・・・・・・・。




posted by ツルカメ at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

空には花名残月(はななごりづき)・・・・・・

花名残月.jpg

卯花月:うのはなづき
木葉取月:このはとりづき
夏初月:なつはづき
餘月:よげつ
花名残月:はななごりづき

4月の月の異名です。

桜の花も、風雨によって葉桜状態になってきました。
花が散った空には散りゆく花を惜しむように、花名残月が・・・・・・・。





posted by ツルカメ at 14:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

今日は「花まつり」! 花が満開!

はなまつり.jpg
4月8日はお釈迦様の誕生日。
花まつりとして親しまれている「灌仏会」でございます。

花まつりというだけあって、この時期は散歩していると様々な花を目にします。

サクラ.jpg
桜もまだまだ奇麗です

ボケ.jpg
ボケの花

ハナカイドウ.jpg
淡紅色のハナカイドウ

タンポポ.jpg
雨の日や夜には閉じるタンポポの花

マンサク.jpg
細長い花のマンサク

カロライナジャスミン.jpg
いい香りのカロライナジャスミン

ツツジ.jpg
ツツジ

散歩していると、まだまだ知らない名前の花がいっぱいあります・・・・・・・・・・。




posted by ツルカメ at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

データが消えて空っぽになったiTunesがやっと復活!

pot01.jpg
一昨年の正月にハードディスクがクラッシュして以来、ず〜〜っと空っぽ状態だったiTunesをやっと復活させました。巷ではiPotからPCに曲を転送するソフトは、どれもWin版ばかり。先日やっと無料のMacに対応する「PodTrans」なる転送ソフトを発見!
これで1年以上PCにも同期できず、iTunesから曲を増やすことができなかったのも解決です!
(※4〜5,000円払えばMac用の転送ソフトはあるんですけどネ・・・・・)

pot02.jpg
PodTransは使い方もカンタン! PCにiPotを接続して・・・・

pot1-03.jpg
iPotの「音楽」を選択。

pot004.jpg
アルバムを選択してクリックすればPCのiTunesに転送されます。

pot005.jpg
空っぽだったiTunesがこれでやっと復活です!


posted by ツルカメ at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

風さそふ 花よりもなほ 我はまた・・・・・・・・

asano01.jpg
浅野内匠頭長矩(あさの たくみのかみながのり) 切腹前に辞世の句を詠む図

元禄14年3月14日(西暦1701年4月21日)、忠臣蔵でお馴染みの播磨赤穂藩の第3代藩主、浅野長矩が殿中にて刃傷をおこし切腹をした日。

asano03.jpg
浮世絵:歌川国芳 仮名手本忠臣蔵 三段目

3月14日午前11時40分頃、江戸城本丸大廊下(通称松の廊下)にて、浅野長矩が「この間の恨み〜!」と吉良義央を斬りつける刃傷事件が発生。
その場で取り押さえられた長矩は、陸奥一関藩主・田村建顕の屋敷にお預けが決定。
午後4時30分頃に、田村邸についた長矩は1汁5菜の料理が出されたが、長矩は湯漬けを二杯所望し、これを食べる。
そして午後6時30分頃、田村邸の庭先にて幕府徒目付 磯田武大夫の介錯で切腹して果てます。享年35。

もともと浅野長矩は、短気であり統合失調症であった説もあるとか・・・・。

刃傷をおこした日に即切腹という異例の早さの展開ですが、これは刃傷事件というよりは、殺人未遂事件になるのでしょう。 後の四十七士の討ち入りも忠義のためとは言いながら、徒党を組んだ集団暴力事件なのかもしれません。

風さそふ 花よりもなほ 我はまた 
春の名残を いかにとやせん

浅野内匠頭長矩 ー辞世の句ー

「風に吹かれ散っていく花も春を名残惜しいと思うが、それよりも春を名残惜しく思う私はどうすればよいのだろうか・・・・・」
耐えて、耐えて、耐え忍ぶ・・・・それができなかった無念の思いがありますネ。

ただこの辞世の句も、浅野長矩が預けられた田村家にも資料が無く、刃傷から切腹までの6時間あまりの時間では、長矩本人が詠む時間は無いとの見方が強いとか・・・。
たしかに江戸時代とはいえ、4月21日頃まで桜が咲いていたかどうかは疑問です。

大好きな句ですがネ〜〜!




posted by ツルカメ at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

E.L.Pのキース・エマーソンが死去・・・・・!

ELP.jpg
昨年の12月31日に亡くなった歌手のナタリー・コール。
そして今年の1月10日には、デヴィッド・ボウイ、1月18日にはイーグルスのグレン・フライ。
2月5日には「アース・ウィンド & ファイヤー」のモーリス・ホワイト。
そして3月10日はイギリスのプログレバンドの大御所、「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」の
キース・エマーソンが死去(涙、涙、涙)・・・・・・・・・!
70年、80年代のロック全盛時代を築いた、大好きなミュージシャン達が亡くなってゆきます。
とてもとても寂し〜〜〜〜いデス!!!!!

キースも4月には日本へ来る予定だったのに・・・・・・・・。


posted by ツルカメ at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

ウルトラアイで「デュア!!!」

日食2.jpg
今日は日本各地で部分食が見れるとのことで、昨夜から日食メガネを用意しておきました。
こちらは2012年5月21日の金環日食を見るために購入した、日食メガネをウルトラセブンの「ウルトラアイ」型に改造したもの。4年前はこれでキレイに金環日食を見ることができました。

日食1.jpg
今年もコレで、モロボシ・ダンのように「デュア!!!」のかけ声とともに、日食を見る予定だったのに、関東地方は朝から大雨・・・・・・・・・。
次回の金環日食は2030年6月1日だそうですが、日本で見れるのは北海道だけだとか!
当分、ウルトラセブンには変身できません・・・・・。



posted by ツルカメ at 21:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

公園の野ボケ

ぼけ1.jpg

ボケ2.jpg

ぼけ3.jpg
公園の野ボケも、たくさんの花が咲きだしました。
家のボケ盆栽よりも奇麗です・・・・・・・・・。

posted by ツルカメ at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

大福みたいなホイップあんぱん「宇治抹茶」!

大福1.jpg

大福2.jpg
大好物のフジパンさんの大福みたいなホイップあんぱん。
「きなこ」の次は「宇治抹茶」の登場です!
たっぷりの宇治抹茶ホイップクリームと小倉あんが、毎度々お口の中で絶妙のハーモニーを醸し出してくれます。

posted by ツルカメ at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

国芳の死絵

国芳.jpg
文久元年3月5日(1861年4月14日))は、奇想と反骨の浮世絵師、歌川国芳の忌日。

死絵1.jpg
上の絵は65歳で亡くなった国芳の死後に、弟子の芳幾が描いた「死絵(しにえ)」または追善絵(ついぜんえ)と呼ばれるもので、故人の冥福を祈り、画の余白に命日や辞世の句・生前の業績などが記された浮世絵です。
法号や没年などの後に、三人の追悼句が記されています。

「楼号も 手向くによし朝さくら」

「すり合わす 袖にも霜の 別れかな」

「摘ためた袖に しほるる土筆かな」


役者絵から武者絵、美人画、名所絵、戯画、妖怪画、春画等、幅広いジャンルを描き、確実なデッサン力と斬新なデザイン力、そして奇抜なアイデア等、現代アートも凌駕する素晴らしい作品には、いつも心躍らされます!




posted by ツルカメ at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

桃の花も開花が間近!

桃.jpg
昨日は桃の節句。桃の蕾も膨らみだし、そろそろ開花しそうです。

ボケ黒潮.jpg
ボケ盆栽「黒潮」もやっと蕾が膨らみだしました。
冬も終わり、もう春ですネ〜〜!

いちご雛.jpg
今日のデザートは、桜道明寺にイチゴののった「イチゴ雛」!
イチゴも餡子も甘くて美味し〜〜いです!!


posted by ツルカメ at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

明治から平成の美しいお雛様がズラリ勢揃い!

001.jpg
今日は都筑民家園で開催中の「ひな祭りウィーク」を見に行ってまいりました。
入口には大きな吊るし雛が飾れています。

002.jpg

003.jpg

004.jpg
はぎれで作られた、鯉のぼりや金太郎、赤ん坊の可愛い吊るし雛が飾られています。

005.jpg
子供用の奇麗な晴着と吊るし雛

006明治.jpg

007明治.jpg
明治時代の西の老舗「丸平大木」のお雛様

008大正.jpg
こちらは大正時代のお雛様

009昭和.jpg
そして昭和時代の東の老舗「永徳斎」のお雛様

010平成.jpg
平成時代のお雛様

011木目込人形.jpg
こちらは木目込みのお雛様

012貝雛.jpg
貝殻で作られたお雛様も

013民家園.jpg
春の日差しを感じる中、美しいお雛様を見て、まったりとした優雅な時間を過ごせました。

posted by ツルカメ at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

今日は閏年の閏日!

uruu.jpg
今日は閏日。今年は1年が366日あるわけですネ!
ちなみに太陰太陽暦を使用していた日本が、グレゴリオ暦に変えたのが明治5年11月9日(新暦1872年12月9日)。それも財政難に落ち入っていた明治政府が、官仕の給料を払いたくないというセコイ理由からだとか・・・。
つまり明治政府は、旧暦のまま明治6年をむかえると、明治6年に閏月があるため官仕に13回も給料を支払わなければならないので、あわてて新暦導入の公布をしたそうです。
100年前のお役人も、考える事はど〜〜しようもないもんです!!

posted by ツルカメ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする