2009年11月04日

デッカードとレイチェルの終わりなき愛の逃避行!

ブレードランナー.jpg
週末と祝日は仕事から解放されたので、DVDの鑑賞三昧。ガンダムの外伝的お話の「MSイーグル」9本と「ブレードランナー」3本を観ちゃいました。まずはSF映画の金字塔ともいえるブレードランナー「オリジナル劇場版」・「完全版」・「ディレークターズカット」の3本。さすがに同じ映画を3回観るのはシンドイですが・・・。やっぱ「完全版」が一番好きかな。今回「ディレクターズカット」を初めて観ましたが、「エッ!そりゃないよ〜」という感じ・・・。 でも上映されてから30年近くたちますが、何度みてもスバラシイ映画ですネ!リドリー・スコットお得意の沈鬱な映像が、混沌とした近未来都市とマッチして、まったく時代を感じさせないのスゴイです。やっぱラストはヴァンゲリスの曲にのってデッカードとレイチェルが明日への希望を夢みて走りさらないとダメです・・・。


posted by ツルカメ at 00:27| Comment(0) | 映画のお話・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

あの頃は、怪獣映画というよりは恐怖映画でした!

ゴジラ.jpg
またまたデアゴスティーニのTVコマーシャルにのせられて、「東宝特撮映画コレクション」の「ゴジラ」を買ってしまった! もちろん公開当時はまだ生まれておりませんので、小学生の時にテレビで観ましたが、あの頃は怪獣映画というよりは恐怖映画でしたネ!ゴジラが怖くて、本当に出てきたらどうしようと布団の中で震えておりました。何十年かぶりに観ましたが、やっぱよく出来ていますネ。もちろん映像なんかは今のものに比べれば、見劣りはしますが、ある意味リアルで現実感があります。ちょうど映画が公開された1954年に発足したばかりの自衛隊もガンバッテおります。でもゴジラ映画も年を追うごとに子どもだましのような映画になってしまったのは、ちょっと悲しいです・・・。
posted by ツルカメ at 01:05| Comment(0) | 映画のお話・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

これでスクリーン見納めは、ちょっと悲しいです。

グラントリノ.jpg
やっと映画館で観れなかった「グラン・トリノ」をDVDで観ました。すっかりオジイチャンになってしまいましたネ! でも小学生の時テレビで観ていた「ローハイド」の青くさいカウボーイがこんなに素晴らしい俳優&監督になるとは想像しませんでした。その後の「荒野の用心棒」や「ダーティハリー」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」と時代によって様々な男を演じてきた役者魂には脱帽です。でもこの「グラン・トリノ」を最後に監督業に専念するそうな!スクリーンで観れなくなってしまうのは悲しいですが、「グラン・トリノ」という素晴らしい映画を作ってくれたことに感謝ですネ。「ミリオンダラー・ベイビー」以上に重く・深く・哀しいラストは衝撃的です。
ちなみにクリント・イーストウッドの初出演作は「半魚人の逆襲」という映画だとか(半魚人役ではありませんヨ)。
posted by ツルカメ at 01:00| Comment(0) | 映画のお話・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。