2017年01月13日

今日の富士山

fuzi.jpg

家の前から見た、今日の富士山。
山頂の気温は-22.8℃。
寒そ〜〜!!


posted by ツルカメ at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

ボケ盆栽 「雪小町」

boke-01.jpg

boke-02.jpg

boke-03.jpg

boke-04.jpg

boke-05.jpg
ボケ盆栽の「雪小町」が開花。
真っ白な、可憐な花です。

雪といえば、明日から週末にかけて北日本や東日本の日本海側では大雪になるとか・・・・・。
関東地方も雪のパラつく可能性があるかも。
センター試験を受ける受験生の方々も大変ですネ。
なぜかセンター試験の頃って、いつも天気が悪い気がします。


posted by ツルカメ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

桃栗3年、柿8年、梅は酸い酸い13年・・・・・・・

赤梅01.jpg

白梅01.jpg
山田富士公園の紅梅、白梅が咲き出しました。

桃栗3年、柿8年、
梅は酸い酸い13年、
柚子は大馬鹿18年、
林檎ニコニコ25年。


何事も成就するまでには、それ相応の年月がかかるということですネ!

桃栗3年、柿8年は『尾張いろはかるた』の一つです。

「いろはカルタ」も江戸、京都・上方、尾張によって、それぞれ読まれている句が異なるます。
江戸いろはカルタの「い」は
犬も歩けば棒にあたる。
京都、上方は
一寸先は闇の夜
尾張は
一を聞いて十を知る

ちなみに江戸いろはカルタの「も」は
門前の小僧 習わぬ経を読む
京都・上方は
餅は餅屋
そして尾張が
桃栗三年柿八年
でございます。


posted by ツルカメ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

今日は初詣!

001.jpg
今日は早朝から、地元の有馬神明神社へ初詣。
創建年代は不詳ながら、そこそこ由緒はあるようです。祭神は「大日孁貴命(おおひるめのむち)」。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を大和名では(おおひるめのむち)とよぶそうです。

002.jpg
境内では、お焚き上げがおこなわれていました。

003.jpg
社殿よこの社務所には、獅子舞の獅子頭とひょっとこのお面が・・・・。

004.jpg
有馬神明神社の巨大神輿も公開されております。

005.jpg
おみくじは「大吉」!!!

posted by ツルカメ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017年 初日の出!

1.1A.jpg
今日は、自宅近くの小高い丘にある公園から、2017年の初日の出参拝です。
東の空が美しいオレンジ色に輝きだし、眩いばかりの太陽が顔をのぞかせた瞬間は、神々しさ感じます。

1.1B.jpg
東から北西の方へ眼を転じると、朝日を浴びた美しい富士山を臨むことができます。

今年も1年ガンバルゾ〜〜〜!!!




posted by ツルカメ at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

20年ぶりに復活した「オマケ」付、永谷園のお茶漬け!

お茶漬け1.jpg

お茶漬け2.jpg

お茶漬け3-1.jpg
小学生のころ、わけもわからずに集めていたお茶漬けのオマケの「東海道五拾三次」カード。
この歌川広重の「東海道五拾三次」のカードが欲しくて、よく母親に「お茶漬け、買って!買って!」と
せがんだものでした。
その「オマケ付きカード」が20年ぶりに復活したとのことで、久々に永谷園のお茶漬けを購入!
クリスマスのチキンもよいですが、熱々のお茶漬けも寒い日には「ホット」いたします。
小学生の時には実現できなかった「東海道五十三次ガード」のフルセットを、ぜひ今回は実現したいものです。



posted by ツルカメ at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

天皇陛下83歳のお誕生日!

001.jpg
今年も恒例となりました、天皇誕生日をお祝いする一般参賀へ行ってまいりました。
今年は、天皇陛下の即位議論の問題もあってか、即位後最多となった3万8588人が訪れたそうです。

002.jpg
正門の前には、皇宮警察犬が警備についております。

003.jpg
「正門石橋」を渡り、奥に見える「正門鉄橋」を渡り、伏見櫓の横を通りぬけると、「長和殿」が見えてきます。

004.jpg
宮殿で一番長い建造物の「長和殿」。長さが160メートルあります。

005.jpg
長和殿のバルコニーに天皇、皇后両陛下がお元気な姿を見せられました。

007.jpg

006.jpg
皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまも宮殿・長和殿のベランダに姿を見せ、和やかに手を振って祝意に応えておりました。
陛下からのお言葉は「来年が明るく穏やかな年となることを念じ、皆さんの健康と幸せを祈ります」とのことでございました。

008.jpg
そして今年もいつもどおり「富士見櫓」の下を通りながら、外の売店で売られている大好物の「菊最中」を買ってまいりました。



posted by ツルカメ at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

江戸時代に「心中ブーム」を起こした近松門左衛門

A.jpg
享保9年11月22日は、浄瑠璃及び歌舞伎の作者 近松門左衛門の忌日となります。
近松の代表作といったら、やはり女郎お初と醤油屋の手代 徳兵衛の実際の心中事件をモデルにした「曾根崎心中」ですかネ!
やむに止まれず、死への旅出に赴く若い恋人たちの切ない心情が、三味線の伴奏と、太夫(たゆう)の名調子の語り手の節に合わせて演じら、哀しい愛の逃避行のお話は空前の大ヒット。
300年以上たった今日でも、浄瑠璃や歌舞伎で繰り返し上演される名作となりました。

この世の名残、夜も名残。
死にに行く身をたとふれば、
あだしが原の道の霜、
一足づつに消えていく、
夢の夢こそあはれなれ・・・・


若い恋人たちの切ない逃避行を語った近松の「道行」が涙を誘います。

江戸時代には、あまりの人気で実際に心中する恋人たちが増えて、幕府より上演禁止令が出る始末。
そして心中で、女が生き残ったら「非人」に。男が生き残ったら、治療した後「死罪」になったとか。
しかし、この裁きで喜んだのが心中しようとする女性たち。
心中では、まず男が女性を殺してから自害するわけですが、万一 男が生き残っても、「お上」が男を殺してくれるから・・・・・・・。
う〜〜ん、女性の情念は恐ろしいのです。





posted by ツルカメ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

黄昏どきに猫二匹・・・・・

すすきの枯野に猫.jpg
今年の夏、廃屋が撤去され更地になっていた場所は、一面枯れすすきに覆われています。
黄昏どき、その枯れ野原の中に、寂しげな子猫が二匹・・・・・。

すすきを漢字で書くと「薄」「芒」。
漢字で書くと、よけい儚げなイメージです。

昔、「船頭小唄」という題名で大ヒットした野口雨情が作詞した民謡があります。

己(おれ)は河原の 枯れ芒(すすき)
同じお前も かれ芒
どうせ二人は この世では
花の咲かない 枯れ芒

死ぬも生きるも ねえお前
水の流れに 何変(かわ)ろ
己もお前も 利根川の
船の船頭で 暮らそうよ

枯れた真菰(まこも)に 照らしてる
潮来(いたこ)出島(でじま)の お月さん
わたしゃこれから 利根川の
船の船頭で 暮らすのよ

なぜに冷たい 吹く風が
枯れた芒の 二人ゆえ
熱(あつ)い涙の 出た時は
汲んでお呉れよ お月さん・・・・・

森繁久彌さんが、東映映画「雨情物語」の主題歌としても歌っておりましたが、
人生の哀愁を感じますネ〜〜。



posted by ツルカメ at 16:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする